<桃>

<桃>

Q、オンラインゲームの一番の敵はなんですか?

A、それは回線です。


Q、オンラインゲームで有利に戦える環境には何が必要ですか?

A、それは回線です。

というわけで、今回は自分が経験した環境を元に回線の分析をしていきたいと思います。

まず初めに、オンラインFPSをする上で皆様、

デスクトップ型PCを使っていますよね?

どんなに性能が良いノート型PCでも、私はノートPCで実力の6割も出せないと思います。

また、低スペックPCだと思われる方は一度、ネカフェでハイスペックPCを使用してWRをするることをお勧めします。(私がPCを買い換えたきっかけでもあります。)

主に、弾速・かくつき・敵味方の動きが大きく変わると思います。
それらの条件をクリアーすると、次に回線へ対しての不満がでてくるわけなんですけどね。

自分の経験からいいますと、
2007年
ノートPC(Intel Celeron オンボード)からデスクトップ(コア3 9600GTX)へ買い替え、画期的な進化をとげる。

2008年 
ケーブルテレビ(CATV)当時はP2P方式で、ひどいラグだったのでCATVでもあまり気にならない状況でした。しかし、回線の良い人は固かった記憶はあります。

2009年~10年 
フレッツ光導入 この時期にWRではP2PからCSにかわり、ユーザーの間ではラグ解消への期待が高まる。(実際にラグは、だいぶマシになりました。)
光回線での影響は特にCATV時と変化なし。

2011年
某低速回線・レオ○レスへ転居

被害者の会ができるほど、ひどい回線だそうで

被害者の会

さすがにノックアウトwwwww

回線速度そのものは、上下30M~40Mぐらいは安定してでていました。また、どうにか改善しようと
グラフィックボードをGTX460へ変更するも効果なし。

集合住宅では負担がかかるのか?レオネットに問題があったのか?
原因は不確かではあるが、間違いなく影響あり。

特に、中規模歩兵の乱戦や、強者が集まる部屋ではまともにプレーができず、9割方うち負ける状況が続きました。

2011年末
自宅帰還→フレッツ光ネクスト(200M)導入
この時は感動でしたね。
弾がスーっと通る感覚がありました。
回線の速度は平均上り下り共に60~90M

2012年~13年(現行)
eo光 1G導入と共に カテゴリー7のケーブルを購入

ケーブル詳細

正直、今が一番回線の調子はいいです。(日にもよりますが)

そして、LANケーブルにも理由があるのか、カテゴリー6と7で共に速度を測定したところ、

約100M以上の差がでました。

また、対象実験も行いました。
去年の12月から今年の3日ぐらいまで、CAT6のボロボロのケーブルでWRをしてから、CAT7に変更。


全然弾の通りが違いましたね。


気持ち的なもの?
なのかもしれませんが、撃ち負けることが減った気がします。気がします・・・気がします

詳しい人がいたら教えてください~w
良く、「上りが小さく下りが大きい」「上りが大きく下りが小さい」
とかで、有利不利の話を聞きますがそこらへんは一切わかりません意外と私、無知なんです。

ただね、

「経験に勝る知識なし、経験こそ100の知識に勝る」

というように、自らの経験は、100冊の本を読むよりも知識を与えてくれるのです。

偉そうぶってゴメンなさいですが私に語れる経験はこれまでです。

結論から言いますと、

良い回線にめぐり合いたいのならば、日本全国、引越しを繰り返すしかないと思います

しかし、そんなことができないのは百も承知。

ですので、「撃ち負けた~!」と言う前に、最低限の環境整備(悪あがき)ぐらいはするべきではないでしょうか?それでも、色々と納得のいかない仕様が今のWRですけどね
まとめ

その一 PCはできるだけハイスペックなものを選べ

その一 回線はできるだけ良いものを選べ

その一 撃ち負けるときは、家を恨め
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply